top of page

通話録音システムの比較5選!導入コストを抑えるおすすめの商品も紹介

掲載日:2024年3月22日  


通話録音システムの選び方・おすすめ


「社内の電話対応業務を効率したい」「電話でのトラブルや顧客からのクレーム対応が大変」

とお悩みの方もいるのではないでしょうか。


通話録音システムの導入は、電話対応の業務改善をしたい企業にとって有効な手段です。


しかし、通話録音システムは様々な種類があり、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。


そこで本記事では、通話録音システムの選び方とおすすめのシステムをご紹介します。


ぜひ最後までご一読ください。



\マグモはランニングコスト0!コスパの良い通話録音アイテム/

通話録音ならマグモがコスパ最強


目次



4.おすすめの通話録音システム比較5選





1.通話録音システムとは?


通話録音システムとは、自社が受信、もしくは発信した電話の通話内容をクラウドやサーバー上に通話を自動的に録音し、後で必要に応じて再生したり、保管したりできるようにされている仕組みです。


顧客サービスセンターの通話、営業活動の通話、法的なやりとりなど、様々な場面で利用されます。




2.通話録音システムを導入するメリット


通話録音システムを導入することで、様々なメリットがあります。


2-1.正確な情報を把握し、業務効率化に繋がる 


通話の内容が記録されるため、通話内容の聞き洩らしを防ぎ、正確な情報を把握することができます。これにより、ミスや誤解を減らし、業務の効率性を向上させることができます。


また、通話内容の録音データを共有すれば、電話メモ、伝言メモを作成する手間も省けます。


💡あわせて読みたい


2-2.トラブルの予防、トラブルが起こった際、早期に解決 


通話でのやりとりや取引の内容が記録されているため、問題が発生した際に迅速に解決策を見つけることができます。


また、電話でのやり取りは、話相手の表情やジェスチャーを見ることができないため、

言葉だけに頼ることが増え、誤解が生じやすいです。

そういった電話でのやり取りによる聞き間違いや、言った言わない問題の予防も可能です。


💡あわせて読みたい



言った言わない問題の予防解決方法

仕事でよく起こる言った言わない問題はどう防ぐ?

簡単に解決&トラブルを未然に防ぐ方法を紹介!


2-3.教育効果の向上 


通話録音システムの導入は教育効果の向上にも効果的です。

新入社員や、電話対応の経験が浅い社員がオペレーターになった場合、通話内容を録音し、聞き返すことで自身の通話を客観的に聞くことができ、改善点や課題を見つけることができます。


また、成約率の高い営業担当者やベテランオペレーターの通話内容を共有したりすることで、電話対応スキルの向上も図れます。


💡あわせて読みたい



電話対応電話応対マニュアル

電話対応の基本マニュアル!

こんな時はどう対応すればいい?電話対応のコツを紹介


2-4.証拠としての利用 


通話の内容を記録することで、後で紛争解決や法的な問題の証拠として利用できます。

例えば、顧客や取引先から理不尽なクレームが入った場合、通話内容の録音データがあれば、

客観的な証拠になるため、訴訟リスクを軽減できます。


反対に社員からも顧客や取引先に不適切な会話をしていないか確認することができ、

社内のコンプライアンス強化に繋がります。


2-5.顧客満足度の向上 


通話録音を通じて、顧客の要望や不満を把握し、改善点を見つけることができます。

これにより、顧客満足度の向上が図れます。




3.通話録音システムの選び方


通話録音システムは様々なサービスがありますが、選ぶ際のポイントは大きく分けて3つです。


3-1.必要な機能が揃っているか 


通話録音システムに、自社に必要な機能が備わっているかを確認しましょう。

例えば、営業や出張などで社外に出る社員が多い場合は、スマートフォンでも利用できる通話録音システムが便利です。


また1ヶ月あたりの通話時間も確認し、通話録音できる時間も確認しましょう。

システムによっては時間が〇時間まで制限があり、その後は課金するという仕組みのものがあります。


magmo(マグモ)なら、iPhone/Androidなどの全機種のスマホと固定電話の録音が可能です。

また約500時間分の録音データが保存でき、パソコンにデータをコピーし、マグモ本体の容量を空ければ、追加料金なしで無制限に録音データを保存できます。


通話録音ならマグモ


3-2.導入までの時間 


導入までの時間も確認しておきましょう。下記にご紹介するシステムは最短で2日~1ヶ月と利用できるまでの期間が様々です。


必要な時期から利用が開始できるよう、導入までの期間が最適なものを選びましょう。


3-3.費用 


費用も選ぶ際の重要なポイントです。稼働あたりのプランや、1拠点あたりのプランなど様々なので、自社の会社の規模にあったプランを選びましょう。



4.おすすめの通話録音システム比較5選


4-1.カイクラ 


通話録音システムおすすめカイクラ

出典 カイクラ



カイクラは、電話やメール、SMS、テレビ電話など様々なコミュニケーション手段を一元管理できるシステムです。


ツール名

カイクラ

特徴

・全通話を自動で録音 ・着信時、画面に顧客情報表示できる ・通話録⾳内容をAIが自動でテキスト化できる

料金

初期費用181,000円〜

月額費用:31,000円〜


※1拠点(店舗)あたりの料金

最短導入日


約1ヶ月

着信時に顧客情報が表示され、会話中に履歴や契約情報を確認できます。

また通話中は、通話内容を自動で録音し、AIによる自動文字起こし機能もあります。

顧客情報はクラウドで管理され社内のチームに共有が可能です。


導入後のサポート費用は無料なため、安心です。


カイクラは、料金がユーザー数ではなく1拠点(店舗)あたりで決まるため、1拠点に多くの人数がいる場合におすすめです。


4-2.List Navigator 



通話録音システムおすすめListNavigator



List Navigatorは、アウトバウンドコールセンター向けのシステムで、大量の架電、管理、分析機能を標準装備しています。コールセンターやテレアポ代行企業に導入実績のあるサービスです。


ツール名

List Navigator

特徴

営業電話に特化 ・通話録⾳内容をAIが自動でテキスト化できる

料金

初期費用 100,000円 基本料金 10,000円 月額費用 5,000円×同時稼働人数

最短導入日

4営業日~


分析機能が充実しており、アポ率の高いトークや条件を見える化し、頻出ワード・曜日・時間帯などを分析し、アポ率向上が見込めます。


無料体験版もあるので、まずは使用感をお試しいただくことがおすすめです。


4-3.RecACE 



通話録音システムおすすめRecACE

出典 RecACE


RecACEは通話録音に特化したシステムです。


ツール名

RecACE

特徴

PCとスマホ両方で録音データの確認が可能 データ容量が無制限

料金

初期費用30,000円

月額料金5,000円

最短導入日

3日


録音データは5年間容量無制限で保存されます。オプションでAI文字起こし機能も追加できます。

録音データ容量が無制限のため、通話録音する機会が多い方におすすめです。



4-4.GoodLine 



通話録音システムGoodLine

出典 GoodLine


社内の電話の「見える化」電話業務の効率化を図るクラウドPBXサービスです。


ツール名

GoodLine

特徴

社内の電話の利用状況を「見える化」できる

スマホやタブレット、パソコンをビジネスフォンとして利用可能

電話料金の削減が可能

料金

通常プランの場合(3内線~)

・初期費用 10,000円〜(1内線あたり)

・月額費用 5,000円+1,000円×内線数

※20内線パックなど内線数に応じたプランもあり

最短導入日

2日

追加料金なしで、通話時間に関わらず、1年分の全通話の録音や履歴が確認できます。

また、発着信状況の分析機能や稼働状況がリアルタイムに確認できる機能もあり、電話業務の「見える化」ができます。

GoodLineは、ビジネスフォンのコスト削減を考えている会社や、複数拠点で働く方、在宅ワークを導入したい会社、最短2日で導入可能なため、すぐに導入したい方におすすめです。



4-5.BIZTEL 



通話録音システムおすすめBIZTEL

出典 BIZTEL


BIZTELはクラウド型のビジネスフォンサービス


ツール名

BIZTEL

特徴

オプション機能が複数用意されていて、必要な機能のみ選びプランを組むことが可能

セキュリティ面が充実

料金

座席課金プランの場合 初期費用50,000円×座席数

月額料金 15,000円×座席数 ※その他プランもあり

最短導入日

5営業日

座席課金プラン・ライトプランでは300時間分の通話録音機能、その他のプランでは1,000時間分の通話録音機能が標準でついています。



通話録音システムを導入したいけどこんなお悩みありませんか?

5.月額料金不要!導入も超簡単な通話録音機能付きボイスレコーダーを紹介



通話録音できるマグモ

magmo(マグモ)は、本体価格「定価19,800円(税込)」のみで月額費用は一切不要!


12時までのご注文で当日発送!(一部決済方法のみ、店舗休業日を除く)


面倒や複雑な設定は不要で、届いたその日から、すぐに誰でも簡単に使える通話録音機能付のボイスレコーダーです。


★magmo(マグモ)の特徴★


1.複雑な操作は一切なし!


電源ボタンをスライドするだけで即録音が可能です。




マグモボイスレコーダー



マグモの使い方


2.iPhone/Android全機種対応&固定電話でも使える


スマホにくっつけて使用するため、どんなスマートフォンでも録音可能です。

キャリア・機種などの縛りがないため、スマホの機種変更・キャリア変更をした後でもmagmo(マグモ)を継続して使えます。


また、固定電話の受話器にくっつけるようにマグモを一緒に手で持つことで、固定電話での通話も録音可能です。


マグモは固定電話の録音も可能


3.長時間録音&録音保存データの制限なし


満充電時、連続約6時間録音が可能です。


マグモ本体に約500時間分の録音データが保存でき、パソコンにデータをコピーし、マグモ本体の容量を空ければ、追加料金なしで無制限に録音データを保存できます。


4.コンパクト


約44gと軽量で、ポケットに入れてもかさばりません。


5.PCにつないですぐに確認

録音データの再生はPCにつなぐだけ!データの確認・コピー・移動・共有などが簡単にできます。

  



録音データはパソコンで確認

                 

6.ボイスレコーダーとしても使える


通話録音だけでなく、対面の会話・会議なども録音できます。




6.まとめ


本記事では、通話録音システムおすすめ5選について紹介しました。


通話録音システムは様々なサービスがありますが、月額料金がかかる、導入までに時間がかかるなどのデメリットがあります。


そのため、月額料金不要の、簡単に通話内容を録音できるボイスレコーダーmagmo(マグモ)の導入がおすすめです!


magmo(マグモ)の詳細は下記よりご確認ください!


法人様の、大量注文も承っております。


iosの通話録音はマグモスマホ通話レコーダー




Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page